みっつ通信

三森正道という人間が好きなことを好きなように書いているブログ

【弟との会話】お金に執着しない

みっつ「弟さん、聞いておくれ。俺、急に俺の中のもう一人の俺が俺に囁きかけてきたんだけど」

弟「?」

みっつ「お金に執着するな、お金に執着していいのは瀕死のとき、生命の危機に立たされたときだけだって」

弟「おう」

みっつ「だから、俺思った。人と会うときもなるべく変な期待はしちゃだめだって」

弟「うん」

みっつ「だって、相手が俺と会って『いい思い出』になってくれたら、それが一番じゃん」

弟「それが愛だね」

みっつ「俺、前に彼女と会ったときにもこんな話したんだよね」

弟「うん」

みっつ「たとえば、人と会うときとかに『お小遣いくれたらいいな』とか思っちゃうんだって彼女に言ったの」

弟「ふむ」

みっつ「でも、彼女はそういうのはあんまり良くないって」

弟「まぁ、大罪だよね (笑)」

みっつ「彼女は言ってくれるの、『そういう気持ちで人付き合いしてほしくない』って」

弟「うん」

みっつ「で、やっぱり思った。自分だけがたとえば利益とか、お金抜きにしても、自分だけがよければいいってわけじゃない。俺が誰かに会ったとしても、相手にとっても自分にとってもプラスになればいいなと」

弟「うんうん」

みっつ「ウィンウィンが大事だなって。そんなこと思ったら、なんか今俺すごい幸せな感じになったの」

弟「まぁね、ちっちゃいことで悩んでも仕方がない」

みっつ「そうそう、急に天使が舞い降りた」

弟「笑」

みっつ「お金に執着しないほうが俺自身が楽なんだよね」

弟「うん」

みっつ「だから、ツイートしようかと思っちゃった」

弟「ふむ」

みっつ「『夜寝る前にSpotifyでスリープミュージック聴きながら、誕生日プレゼントに貰ったウイスキー飲むの最高すぎ』って」

弟「それすぐに消したくなるやつじゃん (笑)」

みっつ「投稿、一息、削除」

弟「笑」

みっつ「でも、ほんとに思ったわ。自由とは縛られないことだって」

弟「うん」

みっつ「金、金、言ってるときはつらいの。でも、何事もそうだと思うけど、やっぱ執着しちゃだめだね」

弟「だね」

みっつ「それじゃ、今からウイスキー飲みながら君がくれたミックスお豆さん食べながらアニメ観るよ」

弟「おいっす」

 
一時間後......
 
みっつ「さっき話してた内容のブログ記事書いたよ~まだ下書きだけど読んで~」

 
弟氏、読後、開口一番
 
弟「これ消したくなるやつじゃん笑」

みっつ「あれ??笑」