みっつ通信

みっつ通信

三森正道という人間が好きなことを好きなように書いているブログです

いばや関連ブログ更新情報

信じたいことを信じること。

最近は「信じたいことを信じていきたい」と思うようになった。「人生とは○○」だという意見を何度も頭の中に入れてきた。が、今は思う。もうそれらは手放していきたいと。人から教わったことを手放して、今一度自分が信じたいと思うことを信じて生きていってもいいんじゃないかと。
 
自分は何度も人の言葉をインプットしてきた。私の底には数多くの固定観念があるだろう。私はどうしたらその固定観念に気付けるのだろうか。私はそれに気付かない限り、自分に気付くことはない。そして、私が無意識に信じていること、それを気付かせてくれるのは、結局のところ「他者の言葉」なのではないかと思う。
 
自分は他者から知識を得た。しかし、私は私が信じた知識によって身動きがとれなくなることもあった。逆に他者の言葉によって身体が軽くなりもした。他者が壁になり、他者が道になった。
 
子供のころの自分にとっては、人の言葉は往々にして毒であった。私はつい最近まで毒抜きをしていた。毒は身体に混入する。薬は身体から毒物を排出してくれる。 今ようやく私は人の言葉を薬にできている感覚がある。
 
言葉とは感覚だと思う。言葉で感覚の話をしているのだと思う。私は私の信じた他者の存在が薬になり、私の心は浄化されていく。私は真っ白な私に思いを馳せる。
 
何かを信じるということは、きっと、真っ白なキャンパスに色を塗り、自分の理想通りの絵を描いていくことだと思う。私は私の心がいいなと思ったほうへ寄り添い、そして、それを信じていきたい。