みっつ通信

三森正道という人間が好きなことを好きなように書いているブログ

ブログを書くメリット。

ブログはメモ代わりにも使えるし、頭の中も整理できるしで本当に便利だなと思う。私は字を書くのが苦手なので紙のノートに日記を書けない。この時代に生まれてつくづく良かったと思う。ブログは人に読んでもらえる可能性があるという点だけでも随分モチベーションが違う。これを読んでくれている、あなた様に力をもらっています。
 
昨日は珍しく一気に三つも記事を書いた。どうしようもなく自分のために書いた。頭の中が考え事で騒ぎすぎて、どうにかしてでも整理したいという欲求があった。さて、今日は何を書こうか。多分、今日もどうしようもなく自分のために書く。
 
自分はブログの下書きのために Evernote(エバーノート)を使っている。理由はシンプルで自動保存が利くのと、デバイス間での同期がイージーだからだ。今もこの文章を Evernote に書いている。Evernote にはいつも雑念や思いついた言葉などをメモしている。そのせいか下書きが膨れ上がる。下書きが膨れ上がると気になる。削除してしまえばいいっていう話なんだけど、せっかく思いついた言葉なのでどうにか形にしたい。だからよく下書きを消化するためにブログに文章を書き起こす。
 
本当は文章というものは自分の中で整理できてから書いたほうがいいんだろうけど、自分はどちらかというと書きながら整理するタイプだ。完全に自己満足でブログを更新している。
 
自己満足でありながらも文章を書くという行為で得たメリットはいくつもある。今日は文章を書くことで得られたメリットを思いつく限り書いていこうかなと思う。
1. 文章が上手くなる
ブログ開設当時の文章と今現在の文章を比べてみると、自分で言うのもあれだけど「おお、成長したな俺」と自画自賛してしまう(判断基準は自分)。何でもいいから書き続けていると、みるみるうちに上達していく(気がする)。最初のうちはとにかく人の文章を真似ていた。この方法はおすすめだ。この人の文章好きだなと思える人の文章を真似ることが文章上達の近道だと思う。
2. 仕事した気になる
私だけかもしれないが、ブログを書くと仕事した気になる。「仕事した」と書くと労働感が出てしまうかもしれないけれど、実際には書いた後は心地の良い「やった感」が溢れ出すことが多い。自分にとってブログを書くことは「趣味」とは違うような気がする。生産している感覚がある。
 
うろ覚えだけど「本を書くこと、親になること、木を植えることの三つが人生において大切だ」というような古い諺がスペインにあったはず。ブログを書くことは本を書くことに近いんじゃないかと思う。
3. 自分の弱さを知ることができる
文章を書いていると、「俺の文章の裏側には弱さしかない」と思う。自分の弱さの部分が文章に滲み出る。普段何を思って生きているのかを晒け出すということは、自分自身を表に出すということだ。読者がいようがいなかろうが関係ない。インターネットに言葉を残すということは、自分自身を表に出すということだ。表に出す以上は責任が伴う。それでも自分を表に出すということは、自分がいかに弱い人間かを知りたいということだ。弱さを知るということは、強さを知るということだ。
4. 独自性によって個性が開花する
ひとりひとりの人間には個性が備わっている。個性は他人に認知され、相対化(他人と比べられて)されて初めて個性としての役割を持つようになる。文章を書くと嫌でもオリジナリティが出る。ルールに従った文章でさえ、その人自身が滲み出たりする。それが独自性であり、自分を出せば出すほどに個性は色を増す。自分の中の個性を開花させるには、だめだなと思う文章であっても出したほうがいい。出さなければ始まらない。自分のだめな部分は紛れもなく自分自身の一部であり、卑下するようなものではない。むしろ自分のだめな部分を出して初めて独自性は広がり、その独自性が個性として認知される。そこから他人によって「好きだ、嫌いだ」と評価が始まる。批判は認知されている証拠だ。
5. 自信がつく
今まで他人が書いた言葉を読んで心の中で批評をしてきたが、いざ自分が書くことを続けていると「継続すること」の難しさと、それに伴うプレッシャーによって痛みを知る。文章だけではなく「作品そのもの」を人前に出すことの勇気を知る。
 
インターネットを介しているといえども自分の知り合いなどに自分の文章を読まれることは端的に言って恥ずかしさもある。しかし、知り合いに「読んでるよ」と言われるだけで猛烈に嬉しくなる。そして、それらの経験は自分に自信を与えてくれる。自分を出すということで痛みを伴う瞬間もあるが、痛みの数だけ人は強くなり、強くなった分だけ人は優しくなれるのだろうと思う。
P.S.
彼女に「ブログを書くメリットはなんですか?」と聞いてみたら、「安心して忘れられるから」と返ってきて、なるほどなあと思いました。