みっつ通信

みっつ通信

三森正道という人間が好きなことを好きなように書いているブログです

いばや関連ブログ更新情報

3月24日 - 他人に期待するのではなく、自分自身に期待する。

何か新しいことを始めたいという気持ちが溢れ出す今日このごろ。とりわけカラダを動かしたいという欲求が強いです。というわけで今日からランニングを始めてみました。とりあえず毎日20分走ってみようかと思っています。(雨の日は休もう)
大豆プロテイン
ついこの間のことですが、私がほしい物リストに入れていた大豆プロテインが家に届きました。急に家のチャイムが鳴るものだから、なんだろうまたN○Kかなとか思いながらドアににじり寄ると「ヤマト運輸でーす!」という声が響いてきました。すぐに荷物を受け取ると差出人がamazonになっているではありませんか! 私は「これは...!! ぜったいほしい物リストのやつや!」と一瞬で気分がハイになりました。「何が入っているだろう、わりかし箱がデカい」と意気揚々としながら箱を開けてみると、予想の斜め上をいく「大豆プロテイン」が私の眼前に現れたのです。
 
てっきり本だと思っていたので驚きもひとしおです。私は数年前から気分が乗った時期に限り、筋トレをやることを趣味としていました。最近も春が近付いてきたのとカラダ動かしたい欲求の再発により、数週間前から、筋トレを再開していたのです。ゆえにほしい物にプロテインがあったのです。
筋トレ - タンパク質の重要性
ちなみに今日は夜中に20分のランをしたのち、その流れのまま懸垂と腹筋を行いました。筋トレは、筋トレ直後などに効率的にタンパク質を摂取することが求められます。タンパク質を摂らなければ、いくら筋トレを頑張ったところで筋肉はつかないというのは経験則から知っていました。ササミなどでタンパク質を摂ることなどもできますが、やはりプロテインを飲むというのが何よりも楽で効率的です。
 
しかし、プロテイン(タンパク質)は地味に高いんです。私がamazonほしい物リストに入れていた大豆プロテインは1kg2100円でした。これでもかなり安いほうです。1杯20グラムと考えると、1kgでは50杯分です。エコノミックな事情により、プロテイン購入は断念していましたが、私は時代に恵まれたというものです。ほしい物リストのリンクをブログ記事の末尾に置いておくだけで、粋なひとからプレゼントが届くのです。最高ですね。
 
プロテインが手に入ったことにより、俄然筋トレのやる気が出ました。やる気の向上のおかげでランニングもしたくなる。まさに好循環です。
 
愛を受けて育つ。
私は「愛を受けて育っているな」と思うことがよくあります。いろいろな人の心遣いや、物をくれるなどの行為を通じて、私は「愛を貰っている」と思うのです。前に「批判をする人は愛情不足」ということを友人が言っていたのを思い出します。私は一人ひとりからの愛によって、徐々に内側にある芽が育っているような感覚を覚える。芽が育っていく感覚は前向きな気持ちを教えてくれる。前向きな気持ちでいられる限り、誰かを貶めるような言動は自分の中から自然と消滅していきます。
 
愛は行動を後押ししてくれるものです。今は自分をどう表現していこうかということを考えていると楽しくなってきます。
自分自身に期待する。
私は「他人に期待するのではなく自分自身に期待する」という言葉が好きです。私は「新しいことをやりたい」と思うとき、どこかで他人に期待している自分に気が付きます。「自分で何か新しいことを始めるといっても何も浮かばないな」、「もし誰かが面白いことをやっていたら乗っかってみたい」と潜在的に思っている傾向があります。しかし、こうした気持ちでいても新しい何かが始まったためしがないのです。
 
状況の変化はいつだって自分がきっかけでした。他人にどう思われるかは一旦置いておいて、自分はどうしたいのか。自分の「こうしたい」を優先した結果の先に、自分が望んでいた変化があったのです。
 
他人の「やりたい」に乗っかるだけでは、自分の「やりたい」が見えなくなる。他人のやりたいに乗っかるだけでは、その人を失ったとき、自分までも失う。誰がいなくても、自分がいる限り、自分の「やりたい」を追求できること。自分がやりたいことは、自分ひとりでもできることです。
 
 
運動は爆発だ!!