みっつ通信

三森正道という人間が好きなことを好きなように書いているブログ

いいことばかり!!

最近はほんとうに物を送ってくださる方が多くて、びっくりしています。ブログだけじゃなくインスタグラムのほうにも送っていただいたものをアップしていますが、載せきれていないものも多くあります。(物をもらうとアップしたくなる...)
 
先月は男性S様から(お会いしたことのないひと!!)コーヒーメーカーをプレゼントしていただいたんですが、コーヒーメーカーが届いたというタイミングでいつもお世話になっているM様から挽いたコーヒー豆が送られてきて、まさかの偶然に嬉しさを覚えました(コーヒー豆を買うお金がなかった)。そして、ついこの前そのコーヒー豆が切れそうだなあというときにM様に「コーヒー豆をどこで買ったか教えてくださいませんか」という質問をしたところ、グラスホルダーを送るのに合わせてつなぎでまた同じコーヒー豆を一袋送ってくださるということに。それだけでも充分ありがたいのに、さらには「次の分は私が出すよ」という一言ともに私が今度買おうと思っていたコーヒー4袋分の代金2500円をダンボール箱に詰めて送ってくださいました。
 
 
(イェス! コーヒーメーカー!)
 
からの! M様に「ほしいものリストにコーヒーを入れておけばみっつさんの文章に心打たれたという方がコーヒーを送ってくださるかもしれないよ」という助言をいただいたので、「それでは入れておこう!」と、ほしいものリストにコーヒーを入れておいたら、なんと! M様からの「荷物発送しました」という連絡の3時間後に、私を以前東京スカイツリーにつれていってくださった方から、「たくさんの気づきを与えてくれた素敵なブログへのほんのお返しです♡ コーヒーぜひ贈りたい♡」という連絡が!! ほんとうに神様ばかりです。
 
最近は、物をもらうと如実に生きる気力が湧き出してきます。物自体ももちろん嬉しいんですが、物を送ってくれるその気持ちに私はなんだか「愛をもらっているなあ」と感慨深くなります。
 
 
思えば、私は「自分のままでいよう(無理に何かを頑張るのではなく力を抜いていつも通りでいよう)」としてきたからこそ、こういう嬉しい出来事が起こっているんじゃないかと思うようになりました。もし、無理に自分ができないことをやろうとして疲弊したりすることを繰り返していたら、こういう風に「ひとから物をもらって嬉しいなあ」という気持ちになれることはなかったんじゃないのかなと思います。自分の頑張った行動の見返りに、「物や金品を貰う」という『等価交換』が当たり前になっていたとしたら、「もらって当たり前!」ということになっていたような感じがします。
 
 
送ってくださる方はほんとうに一切の見返りもなく(少なくとも私はそれを強く感じる)、ただ純粋に「送りたい」という気持ちから送ってくださっているように感じます。私はいま、何かを得るために頑張っているという感覚はありません。だからこそ、何かを貰ったりすると、ただひたすらに嬉しくなります。本当に「貰っている」だけです。何の見返りもなく、ただ純粋に送ってくれる行為が嬉しくて嬉しくて仕方ありません。
 
先月も、私と弟にタンブラーを送ってくださった女性O様(女神よ!!)が降臨いたしまして、そのタンブラーが届いた瞬間は、あまりの嬉しさに弟といっしょにガッツポーズをしてしまいました。その上、後日、タンブラーのフタと底につけるカバーを送りたいとおっしゃってくださり、私はわくわくしながら待っていました。そして、その荷物が届き、「きたー!」と弟と二人でダンボール箱を開けてみると、なんということでしょうか、私の恋人分のタンブラーがフタと底カバーとのセットで入っていました。それだけでも感動しているというのに、なんと、エビスビールが6缶も入っているというから昇天ものです。
 
 
(神はいる......)
 
私は、貧乏性的なところがあるのか、つい貰い物をいただくと、いったいこれの総額はいくらになるんだろう...と軽く計算をしてしまいます。そして、簡単に計算を終えて、「ああやばい...たかい、これはたかい」という心情になります(送料もばかにならないはず)。そして、値段どうこうより、ただひたすらに「送ってくれた」という事実に猛烈に嬉しさがこみ上げてきます。
 
あらためてこういう風に文章にすると、今まで何を貰って、どれだけ嬉しかったのかということを延々と書いてしまいそうです。(もっと書きます!)
 
4月末は坂爪さんが主催する「わたり食堂」へ行ったのですが、実をいうと交通費は自費ではなく(思えば熱海へ行って自費だったのは一度だけだ)、3月のわたり食堂で初めてお会いした女性A様が出してくださったのです。A様は麗しい方でありまして、坂爪さんの生誕祭のイベントがあった日 (4/7) に「今月末のわたり食堂にはこられないんですか?」と私にお聞きくださったのですが、「私は今月はちょっとむずかしいかもしれません...(交通費がなかった)」と答えたところ、後日、A様からこのようなメールをいただきました。
 
次回のわたり食堂には来られないと思う、とのことでしたが、もし、、、
もしですよ、、、
熱海までの往復の旅費をお贈りします、と言ってみたらご検討されたりしますでしょうか??
そして、もし、、、
もしですよ、、、(シツコイ、笑)
彼女さんもご都合つくようでしたら彼女さんもご一緒にいかがです??と言ってみたらそちらもご検討されますでしょうか??
(↑こちらは彼女さんが、ですが。)
もしすでに別のご予定があったり、気分じゃないのであれば仕方ないのですが、、、


わたしが個人的にわたり食堂にみっつさんがいたらいいのにー、と思っているだけなので(みっつさんがいると落ち着くんです。)、みっつさん自身のココロがいきとーない、というのであればその声を優先されてください😉✨
 
 
ふと思いご連絡してみました。
ではでは。
みっつさんと彼女さんに幸ありますように✨✨✨
お祈りしております♡
 
私は胸がじんわりとあたたかくなりました。当然行きますよ!!! 4月中旬に坂爪さんの「ごちゃまぜの家」の菊名の物件を内覧しに行ったんですが、その時に二人分の交通費をお渡ししてくださって。結果的に私たち二人は熱海へ行くことができました。A様には感謝してもしきれません。本当によい思い出となりました。
 
 
こうして文章を書き綴っていると、起こったこと全部書きたくなってしまいます。多分、貰い物だけでも、この三ヶ月間で、15回以上は貰っているし、私が会いにいった人たちからも「これは活動の足しに使ってください」とそれなりの額のマネーをいただいています。
 
あらためて振り返ってみると、「いいこと」ばかりです。人生嘆いている場合じゃないです(結局嘆く)。本当にここ最近は何度「ありがとうございます」と言っているのか。これだけ多くの感謝する機会をいただけて、本当に「ありがとうございます」という言葉しか出てきません。
 
 
わたくし、もっと生きます!!!
 
いつも生きる気力を与えてくださるお一人お一人に感謝の気持ちを!!!
 
ちなみにですが、私に物を与えてくださった方々には実は特典が自動的に付与されておりまして、もし、直接会う機会がありましたら、いくらでも肩揉みをさせていただきます!!! もちろんご所望とあれば背中でも足でもどこでもマッサージいたします!!!(10分くらいでバテたらすみません!!!)
 
というわけで、ありがとうございます!!!
 
それでは、またいつか!!!