みっつ通信

みっつ通信

三森正道という人間が好きなことを好きなように書いているブログです

いばや関連ブログ更新情報

自分のままでいること。

最近思うことあれこれをまとめます。

"ふり"をしない。

元気のあるふり、忙しいふり、働いているふり、充実しているふり。なぜ、ひとは「人からよく見られるようなふり」をし続けるのか。もっと、自分のままでいてもいいじゃないかと思う。人からよく見られようとする限り(他人の評価を気にする限り)、結果的に自分は自分ではなくなっていく。もっと純粋に、「自分自身であること」が、"ふり"をすること以上にずっと自分にとって健康的なはずなんだ。

自分のままでいること。

自分が今まで好きになったひとはいったいどんなひとだったろう。自分が好きになったひとは、いつだって「その人のまま」であってくれるひとだった。"何か"があったから、態度を変えるようなひとを自分は好きになったことがない。それなら、自分はどう在りたいのか。自分は何があっても、自分のままでいられるような人間でありたいと思う。

自分の「好き」に敏感になる。

基本的にひとは他人が「いいね」と言っているものを「いいね」と言いたがる傾向にある。私は、他人が「いいね」というものよりも、自分が心の底から「いいね」と思うものに対して敏感になりたい。他人の評価を基準に自分の「好き」を決めてしまうことは、多分、自分を失うことと同じだ。自分は、何が好きか。私は、そこを力強く見極めていきたいと思う。

自分一人でなんでもかんでもしょいこまない。

自分一人で生きていこうとすれば、自分に関わるすべてのことを自分一人でやらなければならなくなる。それは、自立と呼ばれるものかもしれないが、では、自立とはいったいなんだろう。私にとって、自立とは「助けを求められること」だと思う。何のための他人か。一緒に生きていくための他人ではないのか。自分一人でなんでもかんでも背負い込むことで倒れてしまったら、それこそ本末転倒だ。「一人で生きていけるようになること」は素晴らしいことだと思うけれど、私はそれ以上に「いざというときに『ヘルプ!』と言えること」のほうがずっと大切なことのように思える。

友人が助けてくれるという確信。

私が好きな言葉のひとつにエピクロスの「われわれを助けてくれるものは、友人の援助そのものというよりは、友人の援助があるという確信である」という言葉がある。私は、最近不安になることが少なくなった。なぜだろうかと考えてみたら、それは、自分が窮地に陥ったときは「誰かが助けてくれるという確信」が胸の奥に光っているからじゃないかと思った。友人でも知人でも見知らぬひとでもいい、私は援助そのものよりも、自分がやばくなったときはきっと誰かが助けてくれるだろうというある意味で適当な「なるようになるさ精神」によって今のほどよい安心感を手に入れている気がする。

最終的なよりどころは「自分自身」である。

周囲の人間がみな敵だと思っているときは何をしていてもつらさを感じるが、周囲の人間がみな味方だと思っているとものすごく生きやすい。これは気の持ちようと言ってもいいのかもしれない。ただ、私は思う。仮に、自分以外のすべての人が敵になってしまったとしても、最終的なよりどころには「自分自身」がいると。誰より自分がいると。誰に何を言われようと構わない、最後の最後には自分自身という砦がいてくれる。

嫉妬について。

嫉妬というのは、多分、自分が行きたい道を先に誰かに行かれてしまっているからするものだと思う。嫉妬は何より道標になる。嫉妬することがあったら、「ああ自分は同じようにしたいんだな」と自分の気持ちをはっきりさせる。そうすると自分は何がしたいのか明確になってくる。私は嫉妬はチャンスだと思う。自分の「こうしてみたい」を教えてくれるからだ。

重きものは軽く扱え。軽きものは重く扱え。

細川幽斎の言葉だ。私は、生きる上で「重いな」と感じることがあったら、それを軽く扱おうと思う。これは「軽いな」と思うものがあったら、それは重く扱おうと思う。深刻さには「笑え」と、何でもない日々には丁寧さを。