みっつ通信

mitz3.com

あなたに幸あれ。

いつもどや顔で社会的なものについて語っているような記事ばかり書いているような気がするんですが、今日いきなり「こんなくそみたいなブログを誰か読んでくれているんだろうか」と不安になってきました。どうしようもないです。こんなこと書く僕も。そもそもで一人称もいつも変わっています。どうしようもないです。でも、僕の身近なひとがいつも読んだよって言ってくれたりするので、もうそれだけで充分うれしいです。
 
今日は「こんなブログを読んでくれる神様のようなひとがいるのだろうか」ということについて書きたかっただけなので、もうすでに筆が止まりました。なんといいましょうか。いつも、いや、たまーーーにでも目を通してくれているそこのあなた様や、よくチェックしてるよというそこのあなた様。本当にありがとうございます。キーボードに頭くっつけて感謝しております。
 
僕って傲慢なのかなあって思ったりします。いつも「自分のためにブログをかければいいや」って開き直ってるんですが、やっぱり読んでくれてるひとがいるんだって思えるだけで昇天しますし。お友達にいいねされるとじゅんじゅわーってなりますし。はて、僕はいったい何を書いているんでしょうか。
 
何かもっといいことを書きたいと思ってるんですが、よく考えなくても、いいことなんて書けた試しがありません。いつもブログ書いた後に、「ああー!これはくそだ―!」ってなってすぐ消しますし。どうしようもないです。惡の華って漫画があるんですけど、あれで言ったら、僕は「クソムシ」です。いつも小難しいこと書いてしたり顔になってるような僕ですよ。クソムシじゃなくてなんなんですか。何者でもない傲慢なカスですよ僕なんて。
 
そんなクソみたいなだめな僕にも、贈り物を送ってくれたり、やさしい言葉をかけてくださるような神様たちがいるんですよ。本当にありがたいです。最近ものまねみたいな感じなんですけど、「祈る」ってことをしたりしています。こんな僕にも幸せになってほしいひとの幸せを祈ることができるし、世界平和だって祈れるんですよ。僕の名前「まさみち」って言うんですけど、祈ってるときだけはマザーテレサならぬマサーテレサになれます。こういうくそつまらないギャグをよく言います。インドの聖者にラマナ・マハルシってひとがいたんですけど、たまに瞑想とか悟りを開こうと躍起になっているときは僕はラマナ・マサルシになっています。
 
なんだかハッとなっていきなりブログを書き出したのはいいのですが、着地点が見つからなくなりました。ので、そろそろアホなことをこれ以上言う前に切り上げます。ここまで読んでくださったあなたには僕からの全力の幸せの祈りを。幸あれ。